0
     たぶん去年の今頃 この時期に聞きたくなる曲で

    この曲を紹介したと思うのですが。






    この綺麗なギターソロ。

    スラッシュの美的感覚が全て詰め込まれたようなギター


    最近こういうギター聞いてないなぁと思ってたのですが

    2年前にリリースされたAvenged Sevenfold の3rdアルバム


    亡きドラマーへの追悼的なアルバムなのですが

    8曲目のVictimって曲。

    なんとなくこのNovember rainを思わせるなぁと。


    で、このギターがまた秀逸。

    とくに5分06からの2ndソロ

    やられました。




    構築された中にもラフな感じ、5分20からの下降フレーズは

    ダレルでしょ?

    久しぶりにギターソロに耳を奪われ

    コピーしました。

    やっぱギターは面白い!








    松田聖子

    0
      気付けば一ヶ月ちょい放置してしまいました。

      やっぱ自分はブログとか日記の類はむいてないなぁと反省しつつ。


      昨日くらいかな、松田聖子が再々婚というニュースが。

      自分は特に興味も無くそのニュースは流してたのですが

      今日、ふと思い出してあながち接点がない訳ではないなという話です。


      もう10数年前ですが、ある仕事で霞ヶ関付近にある高級マンション内の

      プライベートスタジオに行ったことがありまして。

      そこでギターの調整とか改造をおこなったのですが、

      その人はかなりギターの操作性にこだわりがあり、

      多分ですがヴィンテージとかでも躊躇なく改造を依頼してくるタイプの人だなぁ

      と勝手に解釈しました。


      会う前は作曲家と聞いてたので

      そんなに新品のギターに手を入れることは無いとおもってたのですが完全にプレイヤーサイドの人で

      がっつり手を加えてギターをお渡ししたのを覚えてます。

      その後、六本木のジャムれるバーとかに誘っていただき

      お酒をご馳走になったり。

      10数年前の若造の自分を気にかけて頂きました。

      その人こそ松田聖子の「青いさんご礁」の作曲家 小田祐一郎さんでした。



      現在はニューヨーク在住で活躍中と知りうれしくなりました。

      たぶん自分のことはもう覚えてないと思いますが・・・


      そんな松田聖子を世に送り出した人と

      多少でも触れ合えたのは嬉しいなぁと思ってたとこに新たな発見が。

      ネットで調べ事をしてると、自分の実家付近の住所が。

      詳しく調べてみると自分の実家のすぐ裏には

      あの自動車でお馴染みの世界のMAZDAの創始者である

      松田重次郎と、2代目、3代目のお墓が。

      初めて知る事実に驚き実家に電話すると

      自分以外はみんな知ってました(笑)


      ということで自分にとっては松田ウィークだったというはなしでした。

      久しぶりの更新なのにつまらない話でどうもすみません・・・・






      最近

      0
         しばらく放置してしまいましたが、もう世間はゴールデンウィーク。

        うちも修理の仕事がひと段落していい感じでゴールデンウィークに突入です。

        ゴールデンウィーク中は営業が不規則になりますが、
        修理依頼等は受け付けてます!

        myssteryguitars@gmail.com までメールを。




        まずはうれしい便りがあの人から。


        ぎんじねこ氏の新譜

        Loud and Blues

        気づいたら工房でリピートで聞いてました。

        何も言いません。ギターキッズは必聴です。

        こちらから購入できるみたいです。買いです!



        で、このアルバムを聴いてると無性にこれが聴きたくなり

        家でこいつもリピート


        Steve Vai の Passion and warfare

        たぶん20年ぶりくらいに聴いたけど、やっぱ凄い。

        そういえば何年か前にあるフェスでステージ袖からライヴ観る機会があったけど、

        圧巻でした。動き回る激しいパフォーマンスなのに

        早いフレーズや繊細なアーミングでのビブラートが一切ぶれない。

        超人でした。メンバーもヤバかったです。



        フェス出演者も最前列で固唾を飲む勢いでVaiのステージに見入ってました(笑)。



        話はそれましたが、ぎんじねこ氏の新譜にSteveVaiを感じたという話でした。











        ライブ Harvest

        0
           昨日は Harvest を観に渋谷へ。


          早い出番にもかかわらずお客さんもかなり盛り上がってました。



          このバンド、とにかく聞いてて気持ちいいんです。

          キレのいいリズム、破壊力、聞かせるとこは聞かせてたたみかけるスタイル。


          昨日も独特のHarvestワールドを炸裂させてました。


          大阪のバンドですが今後東京でのライブも増えるとの事。

          今後の展開が楽しみなところです。


          興味ある人は彼らのホームページでチェックを!

          もちろん大阪でもライブあるみたいです。



          新バンド

          0
             先日、いつもお世話になってるスーパーベーシスト

            MASAKIさんからお誘いいただき

            新バンド DAIDA LAIDAのお披露目ライブにおじゃましてきました。


            まずメンツが超豪華。

            メンバー全員超凄腕

            当然演奏もハイパーなのだが

            曲もかっこよく、一気に引き込まれます。

            MASAKIさんと白田さんの緊張感あるかけ合いや

            NoBさんの超絶ボーカル。かっこよすぎます。


            多分これから雑誌等で目にする機会が増えるはず。

            上記のオフィシャルサイトからチェックしてください!

            まだアルバム発売前ですが

            3月に発売〜東名阪ツアーもあるみたいなので(こちらはまだ発表HPにUPされてないみたいですが)

            お近くの人は是非!


            そういえばMASAKIさん先週smapxsmapに出てましたね。

            そっちも気になる。




            Metal

            0
               さて、このストレス社会。

              多かれ少なかれ皆同じような経験や思いがあるはず。



              自分はManowarファンってわけじゃないけど

              男くさい歌詞やストレート過ぎる嗜好に共感します。

              さすがMetal Warrior。


              Manowar繋がりでこれ。

              全ての男はヴォリューム10でいけ!!!決してヴォリューム下げるな!という

              笑えるくらい男節なこれ。





              久しぶりの更新でこれか?と思われそうですが

              こんな気分です。

              自分が特にストレス貯めてるって訳じゃないですよ!




              武道館

              0
                先週の金曜日

                カプコンの広報をやってる友人O氏のお誘いで久しぶりに武道館に。



                黒夢の公演を観に行ってきました。



                さすが大手企業!花も立派です。


                正直、黒夢に関して何も知識がない自分だったのですが、友人の誘いと
                ドラムとギターが知人であるという事で行ってきました。

                結論。
                黒夢は凄くアーティスティックで
                音楽に対する美意識が高い!

                と素直に感じました。

                人時氏の変幻自在なベースラインと

                清春氏の表現力に引き込まれ

                あっと言う間の3時間ちょい。

                途中NTVの番組の絡みで堀ケンと桝アナが出てきたり

                雅をゲストに数曲演奏するという

                サービスも入り。

                楽しませてもらいました。

                知ってる人が武道館のステージに立ってるというのも興奮。


                しかしライブは良い!

                自分の製作意欲を掻き立てます。

                今年も良いもの作ろう!と思った週末でした…




                電気式?

                0
                   さて、最近は煮物料理にはまってまして

                  どうやって味に奥行きを出そうかとか

                  どんな食材を使おうとか

                  いかに少ない調味料の量で効率的に煮込むかとか

                  そんなことばかり考えてたとこ


                  友人でうちの工房にもよく修理を持ち込んでくれる

                  ヤングに誘われ彼が所属する集団のライブを観に横浜Blitzに。


                  当日会場にいくまでこの集団?バンドに関する予備知識はゼロ。

                  バンド名も知らない(失礼だよね・・・)くらいで。


                  唯一わかってたのはヤングがギターを弾くことと

                  ゲーム音楽を中心に活動してるということ。

                  しかし会場についてみてビックリ。

                  開場前なのに長蛇の列。

                  お客の中にはメタル系のTシャツを着てる人も多く少しホッとする。

                  開場後あっという間にBlitzは超満員。

                  そしてお客さんが熱い。

                  開演すると盛り上がりは最高潮に。

                  演奏中はず〜っとフィストバング。スラムダンスしてる人

                  モッシュしてる人も。さまざまなノリで盛り上がってる。

                  そして当のバンドは

                  かっこいい。いわゆるメタルの演奏に女性Voというスタイルなのだが

                  ヘビーなリフに2バス、打ち込み同期も入ったりして

                  そこに女性Voという、萌えキュんな構成なのだ。

                  ヤング改めシキ(このバンドでは式と呼ばれてた。というのもバンド名
                  電気式華憐音楽集団をそれぞれ単語に分けてメンバー名にあててるという。
                  電気さん、式さん、華憐さんというふうに。)

                  は終始弾きまくり。早いフレーズ、トリッキーなタッピングなんかも難なくこなす。

                  アイツやるなぁ。と思わされたステージングでした。


                  そうそう、電気式華憐音楽集団ね。バンド名。

                  この筋ではかなり人気あるみたいです。

                  興味ある人はチェックしてみてください。








                  Brian Setzer

                  0
                     先日Brian Setzerの日本公演最終日、

                    中野サンプラザに行ってきました。

                    Beian Setzerを始めて聞いたのは高校時代。

                    教育実習にきた先生からテープをもらい

                    音質がかわるくらい聞き、コピーしたものでした。

                    あれから20年。


                    初めて生で見たのですが、カッコいいの一言。

                    声の張りは当時とかわらず

                    奏でるギターも多彩で、なにより彼のリズムが素晴らしい。

                    後半にはStray Cats時代から使ってる古い6120でStray Catsの曲。

                    たまらないです。


                    こういうのを歌いながらさらっと弾くのです。

                    もちろんこの曲もやります。


                    30年以上自分のスタイルを貫き世界中を魅了し続けてる
                    素敵なおじさんのカッコよさをみせつけられました。




                    Charlie Daniels Band

                    0
                       ある人の影響で

                      大好きなバンドの一つ。

                      Charlie Daniels Band




                      ロックとかパンクとかカントリーとかジャンルなんて関係ない。熱いものは人を奮わせる。


                      こんな風にフィドル弾く人始めてみたかも。



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM