Heavy

0
    うちの工房にはいろいろなギターが来る。

    それこそ高級な海外個人ビルダー製作のアコギからGibson、Fender、Martin、海外モノ、国産問わず多種多用の修理品が届き、その症状も様々なのだが。

    こいつはかなりHeavy







    とある個人のお客さんからの依頼なのだが、かなりやんちゃな状態である。

    折れてはくっつけてを繰り返してるうちにとんでもない状態になったという。

    しまいにはネックのサイドにドリルの歯が突き刺さってる。

    ここまでくると楽器屋に持ち込んでも断わられる事が多い。

    理由その1 直し方がわからない。

    理由その2 修理代の予想がつかない。

    たぶん新品を買うことをすすめられるだろう。

    が、持ち主はかなり思い入れがあるらしく、修理して使いたいとの事。

    うちで引き受ける事になったのだが。

    まず付着した接着剤の除去と欠損した部分の補修から。

    ネックを止めるビスも木をえぐりねじ止め出来ない…



    本来ならある程度の面積をくり抜き新たに木を埋めてやるのだが、今回は予算の都合もありポイントを絞り埋め木、その他の欠損部分はパテで埋める事に。




    なんとかビス穴を開けてねじ止め出来る状態に。この後塗装をして、ネックセットに。

    次はボディ。

    ボディ編はまた近日中にアップします。


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM