Heavy pt2

0
    前回のつづき。

    いよいよBODYを直していくのですが。



    まず前回同様付着した接着剤を取り除きます。

    それが終わると、欠損した部分を補修していきます。



    ネックわきの大きく欠損した部分はパテとかだと見た目も悪いので、同じ木材をあてて補修します。



    ここまできてやっとネックセットです。

    角度、センターを調整後ネックビスの下穴をあけて、ネックをとめます。


    この後セットアップして完了なのですが、写真撮り忘れのため完成をお見せ出来ません…なんで、想像して下さい!

    最初の状態からは想像出来ない弾き心地と鳴り。

    かなりの瀕死状態から見事復活してくれました。

    みなさんも諦めかけてる楽器があれば声かけてみて下さい。


    相談に乗りますよ!



    関連する記事
    コメント
    これ、すごいな〜
    こうゆうの見ると職人さんだなぁって思う。
    • xxxDice-Kxxx
    • 2011/08/01 2:19 PM
    blog興味深く読ませて頂いてます。

    見事な回復ですね!職人のきわみです。

    ちなみに、このリペアというか蘇生作業はおいくら万円の作業になりましたか?
    さすがに既定コースではなく個別見積コースでしょうから?
    • ます
    • 2011/08/02 10:29 PM
    ますさん  いつもありがとうございます。このリペアは既定コースではなく見積もりでした。症状がひどい場合は何通りかの見積もりを出す事も出来ます。それか上限を伝えていただくとその範囲内での修理も可能です。
    是非ご相談ください。
    • myssteryguitars
    • 2011/08/06 9:34 AM
    xxxDice-kxxxさん じつは職人ですよ!まだいろんな凄い修理とか載せていきます!
    • myssteryguitars
    • 2011/08/06 9:36 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM