調整

0
     お久しぶりです。

    あっという間に1月が終わりもう2月。

    1月はめまぐるしく修理に追われ気づくと2月。


    なんですが、1月とは打って変わって

    2月に入ってからは何となく暇。

    取引のある楽器店さんも口を揃えて「2月は、、、暇です」と。

    どの業種でもそんな話を聞きますが


    ま、それはそれ!


    で、今回は

    よく聞かれることなのですが

    「ギターの調整って自分でも出来ないものなのですか?」

    答えは「出来ます」 ですが、どの程度の調整かということです。


    ネック調整(トラスロッドによる調整)や弦高調整はレンチさえあれば

    出来ることです。

    しかし正解が解らず調整しても良い状態には辿り着けません。

    当然ネックの状態やナットの高さが決まらないとブリッジ弦高をいじっても

    ビリついたり適正な弦高にならない。

    トータルで見てそのギターの固体に合った調整というものが必要なのです。


    で、正解って?てなりますがこれもかなり幅広く

    そのギター、弾き手のスタイル、奏法、機材とさまざまな要素で違ってきます。

    しかし、買った時の状態が最善ということも無く

    新品でも調整が必要なものもあります。

    やはり弾き込んでいって、そのギターを把握して、ここが変とか

    ここが弾きにくいとかを見つけ状態を知ることが調整への近道なのですが。

    そこがわかれば、例えば1〜2フレット弾き辛いなぁとなればナット高が高かったり

    弦高は良いのに ローポジションでのコードストロークでビリつくなぁ

    となればネックが逆反ってたり。でこれ位戻せばビリつきがとれて

    快適な状態になるなぁとかが解ってくれば自ずと

    ある程度の調整は出来るでしょう。


    しかし、ギターにはいろんな要素、くせ、構造的問題などが絡み合い

    一筋縄ではいきません。

    やはり一度プロに任せて調整してもらい正解を知るのが

    一番の近道かと。

    うちでも基本調整を受け付けています。

    気になる方は是非

     myssteryguitars@gmail.com まで。











    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM